スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紛らわしい「左胸の痛み」


 6月某日、昼前。
 その日はバイトも休みで、リビングで横になると、いつも通り背中があちこち痛んで、全身だる~くなって。紗奈タオルを肩甲骨内側の下に置いて、あおむけのまま、溜めていたお笑い番組のビデオを見ていました。

 左の肩甲骨あたりにタオルのコブをあて始めてから数分。
 うっ…何これ。左胸の、アンダーラインよりちょっと上付近に違和感。っていうかこれ、痛みだよね(すぐには状況把握できなかった)。しかも乳房じゃない、骨より奥じゃん。
 何、何?痛みは急に増して行きます。自力で運転できるのかな。いや、たぶんやめたほうがよさそう。じゃあ救急車呼ばなきゃ。あおむけのままじゃ立てないから、横向きになってから…うわっ、動くと超激痛が。身動き一切NGって、相当ヤバくない?でも何だか、心臓よりは外側な気が。だって動悸がする時は、もうちょっと真ん中寄りだったもの。じゃあ何?やっぱり心臓以外になくない?何か刺激を加えることで更に悪化でもしたら怖いので、極力ゆっくり呼吸するようこころがけました。
 これって、運よく119番できたとしても、玄関のカギは誰が開けるわけ?カギ壊して入ってもらったら、病院行ってる間の戸締りはどうなるんだろう(「夫の会社に電話する」という選択肢、なぜか浮かばなかったですね)。

 上半身の姿勢が変えられないなら、それなりにできることだけでもしておかなきゃ。
 救急隊が着いた時、のんきにハイキングウォーキングのコントビデオが流れてたらまずいんじゃないか、とまず思いました。後で夫が聞いたらどう思うか(別にどうも思わんでしょうが、緊急時の思考回路は接続がややヘン)。リモコンにギリギリ指先が届いたので、ビデオとTVの電源は無事切れました。
 次に電話。せめて子機のある棚のふもとまででも行けないだろうか。これは無理でした。
 もしこのまま入院とか、更に最悪の事態になったら、PCの中身は見られないだろうか。でも生還するかもしれないのに、消去するのはちょっと困る。で、動けないから電源すら入れられないし。
 流しの食器類はどうしよう。これも無理。
 ちょっとはまともな服装に着替えたほうがよくない?って、着替えられるぐらいなら119番するよ。

 あー、何にもできないじゃん。いつまでこのままいたらいいんだろう。身体は、あおむけから横向きになる途中の、ななめ45°ぐらいの状態に固定(足だけで支えてる)のまま、かれこれ5分か10分ぐらいは経っています。
 ちょっぴりだけでも動けないかな……あれ?動けるね。もうちょっと動いてみようか。おお、痛くない。起き上がって着替えて、PCつけてネットで病名検索と、病院口コミサイトチェック。何だったか心因性の心臓病と、肺に小さい穴が空く病気が疑わしい。どちらも安静時に症状が出るとかで、ますます怪しいじゃないですか。



 これだけ話引っ張っておいてアレですが、近くの内科クリニックにすっ飛んで行き、血も尿も胸部レントゲンも心電図も調べてもらった結果、どこも異常ない、肋間神経痛だろうから気に病んだらもったいない、だそうです。ならもうちょっと心臓から離れた位置でやって(?)くれたらよかったのに。

 ちなみに、「背中にあてた紗奈タオルの位置のせい」説もはずれ、でした。けいわんのことを話したら「あれは肩と首と腕だけだから」と言うドクターに「いや先生、全身なんです」と、どうせ通じやしないだろうと、ダメもとでお言葉返してみたら「ああ、ひどくなると全身なんだよね」。へえ、専門外にしてはやるなあ。今度、S診まで出向くほどでもない内科の症状(風邪とか)だったらここにしようか。

 もしバイト中にまた痛くなったら困るので、一応痛み止めの頓服をもらって帰りました。でも考えてみたら、痛み止めって、5分やそこらで効くんでしょうか?飲んだその場で効いてくれなきゃ、痛みが自然に引くほうが早いんじゃ…?? しかも、動けない痛さ=水も汲みに行けない=薬飲めない=買った意味ない、ですよね(がっくし)。
スポンサーサイト

時には仇に、時には幸運の女神と化す


 けいわん休業を始めてから、早数年。社会復帰の第一歩となる仕事が決まりました。掲示板でもちょっとお話ししていた、スーパーの食品レジのアルバイトです。
 レジのチェッカー業務でけいわんになった、もしくはなりかけたひとたちには、「治療中の身で、わざわざチェッカーを選ぶなんて、バカじゃないの?」と思われそうですが、今回、敢えて食品チェッカーを候補に入れたのは、一応、私なりに理由があってのことです。そのへんは、後で書きたいと思っていますが。

 今回は珍しく、先方から声をかけられての面接でした。声をかけてくれたひとは、採用とかの権限を全く持たないひとだけど、私を誘ってみたきっかけは「笑顔」だったそうです。
 「愛想のいい表情」は、手話通訳を始めるより前から身についていたようで、風邪で会社を早退する時には仮病を疑われ、ろう者やサークル仲間たちには病状を察知されず、と、マイナス方面に作用することも多かった印象があるのですが。

 いい方向だけに活かす方法、ないのかなあ…。
 とりあえず、当面、レジでは使いまくろうと思います。

二人の営業さん


 そろそろ時効かな。言っちゃってもいいかな。あまりすぐに書くと、万一本人が読んだら気付かれそうに思えて、溜めていました。


 一人目。
 我が家のインターホンを押しに来た男性。小さいモニター越しなので、年齢まではわかりません。

「新聞販売店の者です。ただ今、評判作りに回らせていただいてまして、粗品をお配りしてるんですけども」
「…何ですか?何作り?」
「あの、『評判作り』です」
「評判作りって何ですか?初めて聞くんでわからないんですけど」
「いやあの、今すぐ新聞取って下さいっていうお話ではなくて、粗品をお渡ししたいので、よろしいでしょうか」

 よろしいでしょうか、って、玄関先まで出て来いということか。
「すみません、今ちょっと手が離せないんで」
「そうですか。じゃあ失礼します」

 それ、たぶん、社内で使う用語で、お客様に直接言っちゃまずいことばなんじゃないの?例えば、お客様を「ターゲット」って直に呼んじゃ、いかんでしょう。
 私にとって、会うメリットがあると判断すれば、手なんかいくらでも離せたけど、こうしてインターホン取っただけでも時間の無駄だったなあ。いや、ブログのネタ提供していただいてありがたかったかな?
 営業さん、逆の評判作っちゃいましたね。彼の販売店や新聞社にとって、不幸中の幸いだったのは、彼が、「何新聞のどこどこ販売店」とまでは言わずに帰って行ったこと、でしょうか。


 二人目。
 この病気になって以来、大変お世話になっている診療所の、受付に訪ねて来た男性。20代か30代じゃないかな。

 診療所のインターネットのプロバイダを乗り換えませんか、というご用件。女性のスタッフさん二人が対応していましたが、あまり乗り気じゃない模様。そりゃそうですよね、プロバイダの変更なんて、今の所がよほどひどいか、今の所よりよほどおトクかじゃなければ、煩わしいだけでしょう。
 スタッフさんが「どんなメリットがあるんですか?」と聞くと、何と彼、「当社サイドのメリットと致しましては…」って!!

 じゃあ検討してみますので、程度の返事で、彼をやんわり追い返した二人。拍手して大笑いしたかったけど、そこはぐっと堪えて、黙って診察順を待ちました。


 さて。営業さんじゃないけど、三人目。これは時効じゃないけど、まあありがちな出来事かなと思います。

 今日食材の買い出しに行ったショッピングモールの駐車場で、10代前半と思われる女の子が、小型犬を連れているのを見かけました。
 犬は嫌がって、ぐいぐい引っ張って抵抗しています。でもそっちへ行くと車道だし、女の子も負けてはいません。両者一歩も譲らず。
 わずかに彼女のほうが強かったようで、いったん車道から遠ざけた後、建物の玄関前の安全なスペースへ何とか移動させることができました。しかしそこでもやはり、彼女と犬の思惑は一致しないようで、軽い「ぐいぐい」の第二ラウンドへ突入。

 彼女は一言も発せず、犬の顔を見ようともしないし、目線の高さを近付けるでもなく、ただ自分の意のままに犬を歩かせたいだけに見えました。「声を出さないのは、彼女がろう者だから」?いやいや、聴覚や発声に問題のある子なら、何か他の方法で、犬に気持ちを伝えようとするでしょう。



 「対話を成り立たせなきゃ、自分の目的が達成できっこない場面」なのに、「相手の気持ちが見えていない」らしい三人のお話でした。

「泣かないで」に泣かされて


 ちょっと古い話になりますが、「羞恥心」のセカンドシングル「泣かないで」を買いました。

 ヘキサゴンの収録で、この曲を披露するのは二度目か三度目、という日。歌が終わってから、フットボールアワーの岩尾が「紳助さん、(スタジオ観覧の)お客さん、泣いてますよー」。
 実は私も、ちょっとうるっと来てました。

 たぶん、この歌に泣かされたひとたちの中の、半数以上は気付いてないでしょうが…
 歌詞が切ないんですよね。「好きな女の子が、他の男に振られた=やさしくして振り向かせるチャンス」みたいな、現実的なシチュエーションを、脳裏から消し去れば。
 で、歌詞で泣いたんだとすれば、作詩は50過ぎのオッサン(島田紳助)で、私も含めみんな、そのオッサンが紡ぎ出したことばに泣かされてるわけですが、「紳助さんステキ~!」とはならず、「羞恥心~!」「上地クン~!」…となってしまうんですね。

 まあ、同じ歌を「キモかわいい」アンガールズが「ジャンガジャンガ…」の振り付けで歌ったり、ハイキングウォーキングが「ミスター・スズキックス」の赤ブルマーで歌ったり、ザブングルが「悔しいです!」の顔で歌ったりしたら、お客も私も、涙腺がキュッと閉じたままでしょうから、「紳助の作詩なら、誰に歌わせても売れる」ってものじゃないんでしょうけど。


 ドラマ「33分探偵」の主題歌「Secret Code」(KinKi Kids)を諦めて、10月発売のヘキサゴンのアルバムを入手できないかと目論んでいます。先程、アンガがどうとか書きましたが、アンガ山根の「ラクダになるぞ」、田中の「アブラゼミ♂(東京バージョン)」は、ぜひ通して聞いてみたい、と思いまして。

 漫才ブームで粋がってた頃から見てますが、島田紳助、めっちゃイケてるオッサンに仕上がってまっせ。

これでいいのか、女子高生&総理大臣


 福田首相の電撃会見の翌日、カーラジオで聞いたリスナー投稿。

 明らかに「女子高生」とわかる子が、タバコを片手に、友だちにケータイで電話しているのを見た。
 「もしもしぃ、学校フケて来たんだけどカラオケ行かない?」

 授業はフケるわ、タバコはフカすわ、何なんだこの子は!と思っていたら、お巡りさんが来て、注意した。そうしたら彼女、
「マジウザいんだけど。授業フケて何が悪いの。福田首相だってフケたじゃん。


 その後巡査やリスナーがどう諭したかは、投稿文からはわかりませんでした。

 紗奈おばさんの意見を言わせてもらうと、屁理屈付けてフケまくるのは、首相とは全然違うと思います。そんなに学校がイヤなら潔く退学届出して、自立に向けて就活すべきじゃん?首相はその「退学届」を出したんだから、「れっきとした在任中にサボった」のとはわけが違う。
 そもそも、親に生活費も学費も小遣いも出させてる身でタバコ買うって、どういう了見?元ミニモニ。の加護ちゃんをご覧。「さんまのまんま」で見たけど、やめられずにすごく悩んでるよ。


 なんて言うと、首相をかばっているようですが、そんなことは全然なくて。
 記者の「ひとごと」発言に対し、「私は自分自身のことは客観的に見ることができるんです。」とか何とか言ってましたね。
 うん、それはそうかもしれないね。ただ、私が常々思っていたのは、彼の談話はいつも、「国民の痛み」を「国民の主観」という立場に立って見ることができないひとっぽかった、ということ。
 そうか、客観的に見てたんだー。だからあんなに他人事っぽかったんだ。


 「ザ・ニュースペーパー」の時事モノマネの、今後の展開が楽しみです。ベテラン揃いだけど、若手の登竜門「爆笑レッドカーペット」にも出てくれたら、政治に関心を持ってくれるひとが増えそうなのに。



…余談…
 今、「ザ・ニュースペーパー」をWikipediaで検索したら、「お笑いスター誕生」によく出ていた「キモサベ社中」の元メンバーも含まれているんですね。
 キモサベ社中は、今ブレイク中のなだぎ武の「ややこしや」より20年以上も前に、狂言の一節をお笑いに取り込むネタを作った、コント集団でした。
 「家庭用ビデオデッキ」普及過渡期に、今ほどビデオを活用できない状態で(リアルタイムで放送を見たほうが確実)、お笑いスタ誕を頻繁に見ていた者としては、うれしいような、ショックなような。


*page selector*




Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。